アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品

アイピル

アイピルと呼ばれるアフターピルがあります。
アイピルはアフターピルの中でも特に人気の高い薬剤ですが、一体どうして人気なのでしょうか。

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
ノルレボ錠は2011年に日本でも承認を得ており、日本国内の病院で唯一処方されるアフターピルです。

ノルレボ錠が発売されてから数年後にアイピルが誕生しました。
アイピルはインドの製薬会社によって開発され、ノルレボ錠と有効成分が同じであることから、同様に高い避妊効果を発揮します。
ジェネリック医薬品であるアイピルは、ノルレボ錠よりも価格が安いことから、経済的にも女性に優しいお薬として人気を高めているのです。

アイピルは避妊に失敗した後72時間以内に飲むと、75%以上の確率で妊娠を防いでくれます。
副作用も少ないので、女性の体に負担がかかりにくいというのも人気の理由です。

アイピルは残念ながら、日本ではまだ承認が下りていません。
よって、日本の婦人科やレディースクリニックなどに行っても処方されないのです。

アイピルは海外医薬品を扱う通販サイトで購入可能です。
通販サイトでもアイピルは常に売れているアフターピルのひとつであり、1箱1000円ほどで販売されています。

他のアフターピルのジェネリック医薬品と比べても安価であり、まとめ買いで1箱あたりの値段がさらに安くなることがあります。

下記のいずれかに当てはまる方は、通販サイトでアイピルを購入することをお勧めします:

・病院に行く時間がない、行くのをためらう
・アフターピルになるべくお金をかけたくない
・お守りとしてアフターピルを持っておきたい
・アイピルがどうしても欲しい

なお、病院では事前にアフターピルをもらうことはできないため、いざという時にすぐ飲めるように自宅に保管しておきたい場合は、通販サイトを利用しましょう。
アイピルの情報は、「ipill-information<アイピル・インフォメーション>」に詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。